自動暗渠埋設機 (※特許登録商品)

 

暗渠.jpg

D3MM80-2.jpg

 

D3作業写真2.png

 

 

 

auto001.gif

 

auto011.jpg

 

1台3役の自動暗渠埋設機

 

  • 距離と勾配をダイアルでセットあとはブルをまっすぐに走らせるだけ。auto009.jpg
  • 深さ800m/m以内、幅130m/mの溝にホース、軽石(籾柄)埋設。
  • 埋設の初めに振動する弾丸があり、少々硬い畑地も作業が可能。
  • 埋設ホースも50m/m~80m/mと現場に応じ対応可能。

 

 

 

 

 

auto003.jpg auto007.jpg auto006.jpg
ホッパー内容梯子、ステージ
リッパー及び振動体、疎水渠、ホース取り出し
1回転2m高低デジタルと連動作動 振動体、リフト上下、デジタル設定などのS/W
auto005.jpg auto004.jpg auto008.jpg
施工後 下側ホース埋設上軽石(巾100mm) 断面(軽石がびっしり詰まっている)

 

 

自動暗渠埋設機
MM80の特徴
吸水渠埋設後の埋め戻しはしなくても良い
従来の安定土壌のままである
 
施工深さ800mm、内径50~80m/mの吸水渠まで可能
80m/mが可能になれば、施工間隔も長く長期安定型土壌を約束する
 
傾斜設定が機械式のため、誤差が少なく、故障も少ない
ホース埋設距離に対し、ダイヤルでデジタル設定→あとはブルを動かすだけ
 
リッパーに振動体を付けているので田だけでなく畑にもOK
硬い土質にも工事が可能
 
開削に較べて作業する農家の方が満足する
田畑がしっかり締まり、トラクターのめり込みがない
 
 
ホッパー内容梯子、ステージ
リッパー及び振動体、疎水渠、ホース取り出し
日本の天候事情が雨日数は少なくなり、雨が降るときは豪雨になるような天候である。田畑にとって、暗渠工事は必然的なものとなってくることが予想されます。
 

日本の天候事情が雨日数は少なくなり、雨が降るときは豪雨になるような天候である。田畑にとって、暗渠工事は必然的なものとなってくることが予想されます。

 


 

 

このページの先頭へ戻る